mingの 英国留学記

イギリス 留学 英国 英語 語学 就職 就活

【長期滞在の人必須!】イギリスに長期で滞在する人には最も重要なビザの話

f:id:kaiketsun:20160104171101j:plain

 

こんにちは! Mingです。

イギリスにきて1ヶ月が過ぎ、通っている語学学校や、生活に慣れてきました。

 

お湯が止まったり、

暖房が利かなかったりハプニングもありましたが、、、

 

毎日、新しい発見があり楽しい日々を過ごしています!

 

さて、今回はビザについて少し書かせていただきます。

 

VISA(ビザ)はなぜ必要なのか?

 

まずは、なぜビザが必要なのか?について。

ビザ(VISA)について、 最初に私はこの言葉を調べることから始めました。笑

 

ビザが必要だ!って言ってもそもそもビザってなに?

と気になって調べたら 「査証」と出てきました。

 

簡単に言うと滞在許可証のような、正式な審査を得てもらえる証明書です。

 

これを持っていないで、長期滞在してしまうと強制帰国になり、再入国不可となることも。。

 

ビザにはいくつかの種類があります。

 

しかし、全て説明するのは効率が悪いので、私のような普通な人が必要としそうなビザをご紹介していきたいと思います。

 

私が現在持っているビザ(VISA)はStudent Visitor VISAです。

また、YMS VISAと言うのも申し込みをしてみましたが抽選から外れてしまいました。

 

Student Visitor VISA(スチューデントビジタービザ)について

 

これから、Student Visitor VISAとYMS VISAについて詳しく書いていこうと思います。

 

基本情報

Student Visitor VISA

予定滞在期間:6ヵ月~11ヵ月

必要書類:

留学先の語学学校、専門学校からの入学許可証(原本)

パスポート・通帳預金のコピー(英文で過去の12か月分)

戸籍謄本(英文と原本のコピー)・移住先の住所(可能であれば写真付きで)

 

注意点

*入学許可証をもらうには、先に入学テストを受けます。

入学許可が出た後、学校への支払(一部又は、全額)をしなければなりません。

その後に入学許可証をもらえます。

これがなければ、Student Visitor VISAはおりません。

 

YMS VISAについて

基本情報

YMS VISA

予定滞在期間:2年間

必要書類:当選メールコピー・パスポート・通帳預金のコピー(英文)

 

詳細情報

このビザは年2回このVISAの応募があり、

抽選(ランダム)で受かると2年間のビザを得ることができます。

 

2年間、勉強のために使うことができれば、

正社員として働くことも許されております。

 

必ず毎年あるとは限らないみたいです。

募集時期はだいたい、年始夏季です。

 

私の場合は

<応募期間>は 2017年の第1回目の募集で1月9日~1月11日の期間でした。

 

応募する際には、

ビザの申請を受け付けている機関であるビザセンターにおいて指定されたメールアドレスへ必要事項を送ります。

(今回の記事では英国ビザセンターのみの言及になっているので、詳しいことは英国ビザセンターのホームページで確認をお願いします

 

メールについては書き方の形式があるので注意が必要です。

ここでは簡単な説明にさせていただきます。

 

<メールの件名と本文>

メールの件名:生年月日とパスポート番号

メール本文:名前・生年月日・パスポート番号・申請手続きを行う国 電話番号と携帯番号

 

注意点

*メールアドレスが使用できるか、確認できるサービスがあります。

*同じアドレスを2回送ってしまうと不正行為として見られてしまう可能性があります。

*異なるメールアドレスを使い送ると不正行為となります。

 

<当選発表>

2017年1月18日に800人の当選者へ、当選メールが知らされます。

その中に、YMS VISAに必要な書類など詳細が知らされます。

落選者には、1月20日に落選メールが送られます。

 

私の場合は、落選メールが届き残念でした。。泣

(当選後を書けなく申し訳ございません)

 

YMS VISAは完全にランダムで抽選はされている為、TOEICIELTSのスコアは必要とせれません。

誰にでもイギリスへ留学できるチャンスがある万能VISAです!

 

 

ビザ申請のステップ

次に簡単なビザの申請の流れを… 簡単に言えば4ステップです。

「書類を用意して、WEBで申請予約をとって、英国ビザセンターへ行く・取りに行く」です。

 

<書類を用意する>

各自必要な書類を用意します。

 

私はStudent Visitor VISA の申請をしましたので、

【留学先の語学学校、専門学校からの入学許可証(原本)・パスポート・通帳預金のコピー(英文で過去の12か月分)・戸籍謄本(英文と原本のコピー)・移住先の住所(可能であれば写真付きで)】を用意しました。

 

<WEBで申請予約をする>

WEBで「英国ビザセンター」と調べてみてください。

UK Visa Information - Japan - Visa Application Centre (s)

で申請予約をしてください。

 

ビザセンターは2か所、東京の新橋大阪です。

 

私は、2017年3月21日に新橋のビザセンターを予約しました。

予約時間の15分前にはついていて下さい。

 

<英国ビザセンターへ行く>

先に新橋の英国ビザセンターについて書かせていただきます。

 

ビザセンターは新橋駅から、

徒歩で15分ほどでした。

 

1階にファミリーマートがあるベージュ建物です。

 

中に入ると、警備員の荷物確認とパスポートで本人確認をされます。

 

警備員から先に書類の仕分けをしてから、

番号札を取ってお待ちくださいと案内をされます。

 

カウンターで書類を仕分けできるのですが、

ここからが問題でした (私だけかもしれませんが・・・)

持ってきた書類を仕分けします。

 

まず、ホッチキスは不可です!!

 

書類は全てスキャナーで通されるからです。

 

ホッチキス外しがカウンターに用意されています。

(私は、ばっちり書類事にホッチキスで止めていたのでそこから始まりました。WEBサイトにも不可って書いているのに、、)

 

次に、該当する書類を各自の仕分け用紙の下へ重ねていきます。

(仕分け方法は英語で書いてあります)

(学校又は会社からのレター・預金通帳証明書・出生証明をするもの(戸籍謄本英文と本物)・滞在先・その他など)

 

これを「わからないから職員の人に手伝ってもらおう!」と安易に考えたのですが、

書類の仕分けすることは業務外の為、手伝えないとのことでした。

 

カウンターには英語の辞書もあるので、

仕分けはなんとかできました。

 

その後、番号札を取り呼ばれたら仕分けした書類を提出します。

 

ビザ審査優先サービス・パスポートの郵送サービスを受ける方はこの時に申請してください。

(優先サービスはVISAの審査を通常3週間ほどのところを、1週間でしてくれるサービスです¥27,232)

 

最後に、別室に呼ばれ顔写真と指紋登録をします。

 

以上です。

 

<ビザを取りに行く>

 

ビザの審査が終了しすると、ビザセンターからメールが届きます。

 

ここからは、パスポートの郵送サービスを受けていない方です

 

ビザセンターの営業時間である12時から16時の間までに取りに行かなければなりません。

 

そして、ビザセンターへ行き番号札を取り待ちます。

 

パスポートが入った袋を渡されこの時に初めて、ビザの審査の結果がわかります。

 

パスポートに何もなければ審査が通らなかったことになります。

これでビザの申請は終わりです。

 

ビザの種類によって必要な書類は変わりますが、

申請方法は同じですので参考にしてみて下さいね!

f:id:kaiketsun:20170519120546j:plain

ではまた。 ming